わくわくどきどき!初めてのマッサージ体験記

わたしの父は サウナ&マッサージが大好きで、銭湯のなかにある行きつけの店に、それこそ毎週のように通っています。
家族にも「マッサージはいいぞ~~」「行くなら連れていてやるぞ」と口癖のように勧めていたのですが、あまり興味を持つ者はおらず・・・
母は、人前で裸になるのが恥ずかしい、と銭湯も苦手で、人に体を触られるマッサージなんて とんでもない!!という感じでした。
わたしは 銭湯は好きですが、母と同じく 人に体を触られることには抵抗があり、父の誘いを断り続けておりました。

しかし、育児・家事・仕事で 心身ともに疲れきってしまっていた時期があり、肩こりはひどいし、吐き気を伴うような頭痛はするし・・・
そんなときに、いつものように「マッサージいかへんか~」と父の誘いがあり、藁をもすがる思いでとびつき、マッサージデビューすることになったのでした。

正直 店に着くまでは「一体どんな姿をさらさねばならぬのだろう」と不安だったのですが、バスローブと紙パンツを渡され安心しました。

ブースに行くと 父が指名してくれたベテランの担当者が来てくれました。
その時点では もう不安よりも楽しみのほうがまさっていました。
父があんなにはまっているくらいだから、さぞかし優しく気持ちよく揉みほぐしてくれるのだろう、と。

しかし・・・想像したよりけっこう痛い。優しく、ではなく、しっかり揉む!という感じでした。
わたしは股関節に爆弾を抱えており、そこはあまり動かさないで欲しい、と希望したのですが、
「あー、こっちだね。かばってるのがわかる。動かして筋肉つけておかないともっと悪くなるよ」と、むんず!とつかまれ、伸ばす・縮めるなどの動きをさせられました。

思っていたのとはちょっと違った、ハードなマッサージ体験でしたが、さすがベテランさん。終了後は体が軽く、すっきりしていました。

わたしの場合、ラッキーだったのは 父が長年通っている店でのマッサージデビューだった、ということです。
父はそのお店以外にも マッサージを受けた経験があるようですが、下手な技術者にあたると やたらと揉みすぎて
「揉み返し」といって余計体がつらくなってしまったりすることがあるようです。

家族、友人、知人でマッサージに通っておられる方がいらっしゃったら そのご紹介がなにより安心だと思います。
口コミなど、よく調べてから行かれることをオススメします。

ホームに戻る

あなたに合うマッサージは必ずあります。

ある日突然、五十肩になって腕が肩より上に上がらなくなりました。
シャツを着たり脱いだりするのも困難でネクタイもなかなか結ばれず仕事に困難を極める状態になりました。
日常生活においても睡眠がままならず、無意識に寝返りを打って痛さのあまり目が覚めることがしばしばでした。
医者にも行きましたがなかなか好転せずに針治療とマッサージをしている店舗に行きました。

行った鍼灸院は中国人の経営で上海の鍼灸学校を卒業した先生でした。
藁をもすがる思いで行きましたが、針とマッサージで約1時間の治療を受け何回か通っているうちに不思議と傷みが取れ完治しました。
当初は通った時期とそもそも治る頃が偶然重なったのかなと思っていました。
その後肩が凝ったり腰が張ったりした時にも利用して、その都度良い結果でした。
ある時、膝が痛くなって階段の上り下りが大変困難な時期がありました。
その鍼灸院はビルの2階にあり、階段を登らなくてはならない場所でした。治療に行く時は一段ずつ足を引きずりながら登りましたが帰りは全然気にならずに階段を下りることが出来ました。

人によってマッサージ自体が合うあわないがあると思います。
また同じようなマッサージでも先生によって効く効かないが顕著に出ると思います。
自分に合った先生に巡り合えることが一番です。きっと合う先生がいらっしゃるはずですので、色々とマッサージの店舗を回ったらいいと思います。

ホームに戻る

友人がアロマ・マッサージサロンを開いたので、訪れました。

私の友人は、アロマのいろいろな資格を保持しているのですが、最近は独立してアロマ・マッサージオイルの施術サロンを開いたというので、訪れました。
オープンのお祝いの気持ちで訪れたというのが、最初の本音でした。
でも、そこでアロマ・マッサージオイルの施術を受けての実際の感想は、とても気持ちがよかったのは、その友人の優しい性格が施術技術を通して伝わってきたのだ…というものでした。

私はもともと、ヘルニアがあったり、背中や腰痛、それに伴う頭痛など、けっこう大変で、いつも具合が悪いので、自分にあった整体や鍼治療などを使い分けて通っています。
だから、下手な人に首や背中のマッサージを受けても、効果があるどころか、悪くなることの方が多いのです。

なので、友人には首など悪いところがある旨を事前に伝えました。
そして、私の好きな香りをベースに、私の状態にあったアロマを選択、ブレンドしてくれて、さっそくアロママッサージをしてくれました。
私は、マッサージの効果は、痛い筋肉などに施すことでほぐれるから改善するのかと思っていましたが、彼女の施術は本当に力を入れないものでした。
それでも、きっと血流がよくなり、気持ちがよかったのだと思います。
そして何より、彼女の熱心さや優しさが手から伝わってきて、私に対して癒やし効果が抜群にあったのだと感じました。

素敵なサロンをオープンさせた彼女の気が、癒やしとなって充満している良いマッサージ・サロンでした。
やはり主人が良いと、サロンの雰囲気すべてが良くなり、マッサージ効果も倍増するのだと感じました。

ホームに戻る

出産前と子供が産まれてからのマッサージ

私がマッサージに行くようになったのは子供が産まれて、抱っこや、オムツ替え、授乳で、肩周りがカチカチになってしまい、旦那さんの揉みほぐしじゃ満足できなくなり、子連れOKのマーサージに行きました。
元々妊娠前から骨盤矯正や仕事柄でマッサージに行く事がありましたが、久しぶりのマッサージはこんなに気持ちいいものだと改めて実感しました。

妊娠前のマッサージは骨盤矯正と揉みほぐしが組み合わさった施術です。子供が産まれてからのマッサージは、肩周りを中心とした揉みほぐしと、浮腫を楽にする圧をかけるマッサージです。
最初は久しぶりなので揉み返しが不安でしたが、そんな心配はよそにとても気持ちが良くて思わず寝そうになってしまうほどでした。
マッサージのいいところは回を重ねるほど肩こりしづらい姿勢になったり、歩き方を先生が教えてくださるので、日常的に意識するようになりました。悪いところは、先生との相性だと思います。
力加減も男性女性で違うので、この先生がやると揉み返しがすごい痛いこともありますが、先生によっては本当に上手な方もいるのでいい先生を見つけることが課題だと思います。

マッサージを受けるにあたって、お店のホームページや口コミを見たり、保険適用かリラクゼーション価格など、お店によって様々なので行く前にリサーチすることはとてもいいことだと思います。
店舗によってジャージを貸してくれたり、デニムNGなどもあるので必ず確認した方がいいです。

ホームに戻る

月に1回、自分へのご褒美のマッサージ

私は転職がキッカケでマッサージに行くようになりました。
最初は飲食店の接客業で、1日中朝から晩までお店の中を歩き回ったり、品出しや掃除で沢山動いていたので、肩こり知らずでした。
ですが、転職をして1日中パソコンに向かうデスクワークになってから、今までなったことのない肩こりに悩むようになり、ソフト整体のマッサージに通うようになりました。

初めてソフト整体のマッサージに行ったときは「整体」と書いてあったのでバキバキ骨が鳴ったり、おもいっきり身体を伸ばされたりするのかな?と思っていましたが、そんなことはありませんでした。
終始マッサージベッドにうつぶせの体勢で、足の裏から頭まで全身を揉みほぐしながら関節を回していくようなマッサージで、とても気持ちが良かったです。
特に疲れていたり、しんどり部分を施術してくださる方とお話しながら、その部分を重点的にマッサージしてもらいます。
毎回60分のコースを選んでいますが、時間より少しオーバー気味にマッサージしてくださるので、大満足です。

私はいつも全身マッサージを選びますが、そうすると顔もマッサージしてもらえるので、施術前にスッピンになるのがオススメです。
また、施術着に着替えるときはブラジャーを外した方が背中のマッサージを受けやすいのでオススメです。

ホームに戻る

マッサージは生活をより過ごしやすくしてくれるもの

会社事務に就職して2年、慣れない長時間のデスクワークで肩や腰が痛くなり、毎日体がだるく重く感じるようになりました。
もともと猫背であったり、足を組むくせもあったため、骨盤も歪んでいる可能性があるかと感じたため、整体に通い、マッサージを受けることにしました。
整体を知ったのは、インターネットで地域の整体を検索したところ、自分の症状に合っており、かつ美容整体も行っているところに惹かれたからです。
また、よく癒し系なオシャレなところではなく、運動系のしっかりしたところでもなく、アットホームな雰囲気で、ただ体が痛い私でも行きやすそうだと感じたのも行こうと思ったきっかけでした。

人が直接やってくれるので、力を調節してくださることで痛すぎなかったり、ここをこうしてほしいと言えるのがよかったです。
また、施術していただくことで、その瞬間のももやお尻のはりがなくなっていたり、肩がもとよりよく回ったりして、なんだか体がすこし軽くなった気分で帰ることができました。
しかし、1回の施術金額が高い(数千円)であったことや、通うのには少し遠いところだったこと、人気で予約が取りづらいことがあり、4回程度で通うのを断念しました。
初回の安さに惹かれて行きましたが、施術された日以外はすぐにもとの体に戻ってしまうので、根本的な治療にはなりそうにないなと感じたところも理由のひとつです。

整体は人によって、医院によって、効果も金額も雰囲気も大きく違うと思います。しかし、マッサージというのは治すためにいくのではなく、体の痛みをやわらげるためにいくものだと思うので、治したいと思っている人は違うかなと思います。
しかし、自分がリラックスできる人・雰囲気のところで施術してもらえば、体がほぐされ気分もよくなり、毎日の生活の手助けになると思うので、自分に合ったお店を見つけてください。

ホームに戻る

足裏リフレクソロジーで肩までぐっすり眠れるように!

社会人になって一日中パソコンの前で事務作業となり、夕方には足はむくみ、そして重だるくなるようになりました。
そんな時は肩もこっていたり、寝付きが悪かったりするのですが、足のだるさと体がの悩みを一気に解決できる足裏のリフレクソロジーによく行っていました!

疲れを早めに取るときは30分前後の足裏のみ、たまりきった疲れをしっかり取りたいときは足裏とふくらはぎまでの50分前後のコースをよく受けていました。

フットバスにつかってじんわり温まってから施術をうけるのですが、ほぼ毎回セラピストさんに「肩凝りがひどいですね」、や「ぐっすり眠れてないんじゃないですか」と自分の不調を言い当てられていました。

そして、セラピストさんの言葉通り、睡眠不足やストレスの反射区である足の親指に刺激を加えられると激痛がはしり、肩の反射区である薬指と小指の下あたりは揉まれていて自分でもゴリゴリしているのがよくわかりました。

自分では意識していない疲れがでていたのはくるぶしの周辺にある骨盤の反射区でした。

胃腸や排出系の反射区はほどよい痛さで気持ちよくうとうととしていたところに、親指とは比べ物にならないほどの痛みを感じて目が覚めました。

そこは骨盤の歪みがあらわれていて、足を組む時にどちらが上かまで言い当てられてしまいました。

激痛を感じるほどの反射区はだいたいいつも決まっていて、そこをしっかりほぐしてもらったあとは体もすっきりし熟睡もできるようになりました。

ホームに戻る

疲れて入店したマッサージ店で・・・

先日、某有名リラクゼーション店にお邪魔してきました。
深夜まで営業してるのとスタッフが多く、飛び入りでもタイミングが合えば、待たずに入れるので疲れている時に最適だなと思いました。
入店後の接客もスムーズで感じも良かったです。
担当は40代後半の男性。ちょっと見た目が不潔だったので苦手意識が最初からありました。飛び入りだった事もあり、担当を替えずにそのまま施術を行って頂きました。
オーダーは1時間全身のマッサージ。最初は丁寧な感じでマッサージを行って頂き、私に対する声がけも多すぎずにちょうど良い距離感だなと感じていました。
しかし、私の体に過度に凝っている部分があり、その箇所の施術中「うっ!」と声を上げてしまいました。
すると、担当者は「ここが凝っているってことは長距離車を運転されました?」と。
その通りでした。入店する前に約400キロ運転し、疲れての入店でした。
驚いて、私は「そうなんです、わかるんですか?」と、答えると「えーわかりますね。長距離運転ってことは、あとはここですかねー」と言いながら担当者は右太ももと腰の辺りをグッと。また私は「うっ!」と反応。すると「痛いですよねー我慢してくださいねー明日楽になりますからー」ともっとグイグイ揉み始める担当者。
その後の施術は、私が「うっ」と反応する部分を探しているかのようでした。しかも見つけるたびに「ここですよねーちょっとだけ我慢してくださいねー」「ここが痛いって事はここもですよねー」と、次々に痛い場所だけ押されて1時間終了。しかも翌日には激しい揉み返しが。
知識があるのはいいですが押し付けて欲しくないですね。

ホームに戻る

はじめてのマッサージ

私がプロの方に初めてマッサージをしてもらったのは26歳の時でした。それまではお金を払ってまでマッサージをしてもらうなんてもったいない、私にはマッサージは必要ないと思っていました。そんな私がマッサージを受けたきっかけは結婚式でした。式場を契約した際にエステのプランが入っていて、結婚式の前日に受けられるというものでした。初めは必要あるのかなと半信半疑でしたが、結婚式は一生に一度だしせっかくだから受けてみようと思いました。店を訪れると綺麗なスタッフの方と良い香りがしてきました。私には場違いなような気がすると思いながらも案内されるままに進んでいきました。部屋はうす暗く落ち着いた雰囲気。そこで私は「デコルテマッサージ」というものを受けました。デコルテとは胸や肩、首から背中にかけて行うマッサージでスタッフの方が慣れて手つきでスゥースゥーとマッサージしてくれました。その気持ちよさに私は「マッサージってこんなに気持ちいいんだ!」と思いました。マッサージはあっという間に終わり、とてもスッキリとした気持ちになりました。デコルテマッサージは癒し効果だけではなく、しわやたるみの改善にも効果があるそうで、施術後は心なしかはりがあるような気がしました。たまにはご褒美にマッサージを受けるのもいいかもと思いました。

ホームに戻る

マッサージのおばちゃんに感謝!

田舎者の私は数年前に仕事上で必要だった資格の受験のため大都会へやって来ました。慣れない都会の街を歩き回ったせいか、その夜は足がパンパンに疲れて宿泊したホテルでマッサージをしてもらうことにしました。マッサージにきてくれたのは歳の頃にして65歳くらいのおばちゃんで、田舎から試験を受けに出てきたこと、今日は慣れない都会の街を歩き回ったことなどを話しながらとても仲良くなり、せっかく来たんだからとその街の見どころなどを丁寧に教えてくれました。慣れない土地で一人ぼっちで余計に寂しいところにおばちゃんの温かい心に会え、とても落ち着きを取り戻すことを覚えたのは今でも忘れません。おばちゃんは「明日の試験は何時からどこで?」「遅くても試験の2時間前には起きないといけないよ」など優しい言葉を掛けてくれ、見慣れない大都会に来た田舎者にはどれだけ嬉しかったことか。一通りマッサージをしてもらいおばちゃんが部屋を出るときにも、「朝は熱いシャワーを浴びるとスッキリと目が覚めるよ」と言葉をかけてくれ、部屋を後にしていきました。翌朝、おばちゃんに聞いた通り2時間以上前に起床し、普段よりも熱めのシャワーを浴びました。おばちゃんの言った通りパチッと目が覚め、そのままの勢いで試験に挑みました。結果はもちろん合格!その後二次試験もあり、またその都会を訪れたのですが、おばちゃんに聞いた通りに行動して二次試験もクリア!たまたま出会うことの出来たおばちゃんには感謝の気持ちでいっぱいです。この場を借りておばちゃんに御礼を言わせてもらいます。「おばちゃん、受かったよ!ありがとう!」

ホームに戻る